腹筋を締めてボールを飛ばす方法


今回は、腹筋を締めてボールを飛ばす方法について、

紹介したいと思います。

 

ボールを飛ばすためのポイントは、いくつかあります。

ポイントその1は、ティを高くすることです。

 

普段の高さよりボール2分の1個分高くするようにします。

ボール半分の高さを変えることによって、

スイングがスムーズになってきて、

弾道が高くなります。

 

弾道が高くなれば、キャリーを稼ぐことができます。

 

ポイントその2は、両腕をリラックスすることです。

両腕をリラックスしようと思うだけでは、なかなかリラックスは

難しいと思います。

 

両腕をリラックスさせる方法として、おススメなのが、

アドレスを決めて構えたら、両肘の曲げ伸ばしを何回かします。

 

曲げ伸ばしを何回か繰り返すことによって、

余計な力を抜くことができるようになってきます。

 

両腕の曲げ伸ばしを繰り返して、ヘッドをボールの横に

セットしたら、すぐにバックスイングを開始するようにして下さい。

 

身体が静止した時間が長くなるほど、身体に力が入ってきてしまい、

両肘を曲げ伸ばしした効果が少なくなってしまいます。

ポイントその3は、腹筋を使うことです。

腹筋が緩んでしまうと、手打ちになりやすくなってしまいます。

 

腹筋を締めることによって、身体の捻転を使いやすくなり、

腕をリラックスさせることもできるようになります。