自分のキャリーを安定させる方法


今回は、自分のキャリーを安定させる方法について、紹介したいと思います。

例えば8番アイアンの飛距離は?と聞かれると、多くの方々は、飛距離のトータルの答えます。
しかし上級者は、キャリーを答えます。飛距離のトータルだと、ボールが落ちてから、
ランの距離は、グリーンの状態によって、変わってしまうからです。

正確な距離感を把握するためには、ボールの位置からグリーンの端までの距離を把握します。
そしてグリーンの端からピンまでの距離を把握します。

キャリーでどのくらいの飛距離が出れば、グリーンの端に届いて、
端からピンまでどのくらいかで番手を選択するようにします。

キャリーを安定させるためのドリルですが、マン振りをするのではなく、
心地よく振れるふり幅を心がけます。練習に適した番手は、8番がおススメです。

スイング幅は、腰から腰までの高さが良いと思います。
毎回同じ距離が出るように練習してみて下さい。

距離を安定させるには、グリップも大事です。ショットごとにグリップの位置が違っては、
飛距離が安定しません。常に同じ位置でグリップするようにしていきます。

トップの位置を毎回同じにすることも大切です。
トップでは、左肩が毎回あごの下に来ることが重要です。

左肩の位置が一定になると、手打ちを防ぐことができます。