自然なアッパーブローマスター方法


今回は、自然なアッパーブローマスター方法について、

紹介したいと思います。

 

最近は、大型ヘッドのドライバーが当たり前になっています。

しかし大型ヘッドのメリットを活かしている方は、少ないように思います。

 

なぜなら、大型ヘッドの特性をうまく活かしきれていないからです。

大型ヘッドの特性を活かすためには、アッパーブローをマスターする

必要があります。

 

大型ヘッドで反発係数が大きいクラブは、

スピン数を減らして、高弾道で打ち出せるかポイントです。

 

高弾道で打つためには、若干アッパーブローで打つことがポイントです。

しかし正しいアッパーブローはなかなか難しく、

たいていは下からのあおり打ちになってしまいます。

 

あおり打ちになってしまうと、フェイス面がオープンになってしまい、

スライス軌道になりやすくなります。

 

アッパーブローかつボールをスクエアにヒットするためには、

ヘッドが最下点を通過して、アッパーブローになりかけたところで、

ボールを捉える必要があります。

 

そのための練習方法としておすすめなのが、

ボールをスイング軌道の最下点にボールをイメージして、

イメージしたボールを打つ練習です。

 

最下点にイメージしたボールを打つ練習をすれば、

ティアップしたボールを若干アッパーブローで打つことができます。