良いスイングはいいリズムから


今回は、良いスイングはいいリズムからと言うテーマで、

紹介したいと思います。

 

良いリズムでスイングするためには、トップの状態から

下半身を使ってリードしていくことが重要です。

 

下半身をリードすることによって、上半身と下半身に

捻転の差が生まれて、いいリズムになって、

かつヘッドスピードが上がるのです。

 

最近のクラブは軽量化されているので、

ヘッドスピ―ドを上げるためには、クラブを

大きく振ってくる必要があります。

 

クラブを大きく振るためには、ダウンスイングと同時に

右ひざを飛球線方向に入れていき、

右サイドを沈み込ませるようにして、クラブを振り下ろしていくことが

重要です。

 

多くのゴルファーは、トップから一気にクラブを

振り下ろそうとします。このスイングだと、

腕の力に頼ってしまい、ヘッドスピードが上がらず、

スイング軌道も乱れてしまいます。

 

ポイントは、トップではクラブの動きを一瞬止めることです。

最初に下半身から始動していきます。

下半身の動きによって、クラブが引っ張られる感じです。

 

クラブの動きを一瞬止める前に、

十分に身体を捻転させることが重要です。

 

バックスイングは、手打ちにならないようにするために、

左肩をアゴの下に押し込んでいくようにします。

 

左肩を回すことによって、クラブは上がっていきます。