芝の上から3番ウッドを打つ方法


今回は、芝の上から3番ウッドを打つ方法について、
紹介したいと思います。

ティアップしないで、ウッドを使いこなすことは
なかなか難しいものです。
特に3番ウッドは、その最たるものでしょう。

3番ウッドをロングホールの2打目で、
使うことができたら、スコアアップにつながります。

3番ウッドを購入する時、一般的には、
ティショットで3番ウッドを使う機会が多い場合は、
ドライバーと同じ硬さのシャフトを使い、

ティアップしないで、使う機会が多い場合は、
トライバーより少し柔らかいシャフトを使いことが多いようです。

しかしスコアアップを目指すのであれば、ドライバーと同じ硬さ
シャフトを使うと良いです。

3番ウッドでのミスの大きな原因は、右肩が下がってしまうことです。
両肩を水平に回すことが鉄則です。

右肩が下がりやすい方は、上から右肩をかぶしてくる感覚で、
ちょうど良いです。

両肩を水平に回す練習を紹介します。
インパクトからフォロースルーにかけて、
右足を飛球線方向に前へ踏み出します。

この練習をすることよって、右肩を下げずに水平に
回す感覚を身につけることができます。

最初のうちは、ボールが左に飛んでいっても構いません。
しっかりボールを捉えることが大切です。

右肩が下がると、胴体から手首が離れてしまい、
フェースが開いてしまうのです。

3番ウッドのスイングは、クラブヘッドを空に突き刺す感じで、
バックスイングしていきます。
フェースができるだけ長くボールを向いているようにバックスイングします。

ダウンスイングでは、手首が胴体から離れないように、
バックスイングと同じ軌道で、降ろしてきます。

手首が右の太もものすぐ前を通ったら、正しい軌道と言えます。

正しい軌道のチェック方法を紹介します。

バックスイングで、左腕が地面と平行になったところで、
左手のすぐ前から、クラブを垂らしてもらいます。

ダウンスイングで、左手をシャフトに触れずに、
降ろすことができたら、正しい軌道です。

シャフトに触れてしまう場合は、右肩が下がり、
フェースが開いていることが多いので、注意して下さい。