芝を擦って安定感を増すアイアン


今回は、芝を擦って安定感を増すアイアンについて、紹介したいと思います。

アイアンの飛距離を安定させるには、ヘッドが入る角度を一定にしていただいて、
ボールの高さを一定にする必要があります。常に同じ高さまでボールが上がれば、
飛距離が一定化してきます。

そのためには、上体の前傾角度が重要になってきます。
実際にボールを打つ前に、何回か素振りをすると思います。

その時に芝を擦っていきイメージを持ってみて下さい。
注意点としては、頭の位置をキープすることです。

両肩を回すときは、右肩が落ちないようにすることです。
右肩を高い位置にキープするようなイメージでスイングして下さい。

高い位置にキープされていると、ダウンスイングで右肩を見ることができます。
体重のかけ方ですが、かかとに体重が乗ってしまうと、
上体の前傾角度が起きてしまい、トップの原因になってしまいます。

つま先に体重をかけていただいて、前傾角度をキープしてみて下さい。
前傾角度がキープできていれば、手首が低い位置にキープできて、
スライスやちーぷんを防ぐことができます。

上体に注意を向けてしまうと、身体が起きやすくなってしまいます。
腕が緊張してしまい、手打ちになり、身体が起きてしまうからです。

下半身に注意を、向けていただいて、体重移動を意識してみて下さい。