花道から寄せるためのアプローチ


今回は、花道から寄せるためのアプローチについて、紹介したいと思います。

グリーンまで間近の花道は、ライが整っていて、アプローチがしやすいように見えます。
しかし左足上がりになっていることが多くて、ダフリやトップなどのミスショットが出やすくなります。

気をつけなければならないポイントは、スイング軌道です。傾斜に沿って構えることが重要ですが、
ヘッドに集中してしまうと、手打ちになってしまいます。

ヘッドに集中しないで、右肩を傾斜に沿って動かしてあげると、自然に身体が回転していきます。
結果的にヘッドが傾斜に沿って、移動していきます。

アドレスですが、下半身を安定させようと思って、広めにとってしまうと、
身体の回転を妨げてしまうので、両足を揃えてアドレスします。

ライが左足上がりであれば、若干体重を左足にかけていきます。
身体の角度ですが、傾斜に沿って構えてしまうと、あおり打ちになってしまう可能性がなってしまいます。

身体を垂直にセットして、左足に体重をかけ過ぎないようにします。
フォロースルーのポイントは、右手の平が上を向かないようにすることです。
右手の平が背中側を向くようにしてあげると、身体が回転しやすくなります。