苦手なバンカー克服ドリル


今回は、苦手なバンカー克服ドリルについて、紹介したいと思います。

バンカーが苦手な方の特徴として、アドレスした段階から、
身体に力が入っていることが挙げられます。

力いっぱいスイングしないと出ないと思い込んでいて、
自然と力が入ってしまっていることが多いようです。

力が入ってしまうと、バックスイングが大きくなってしまい、
オーバースイングに陥ってしまいます。

オーバースイングに陥ってしまうと、スイング軌道が不安定になってしまい、
インパクトが不安定になってしまいます。

バックスイングを小さめにしていただいても、バンカーから
脱出することは可能です。トップの位置は、手首が腰くらいに来た段階で、
ダウンスイングに入ります。

コンパクトなスイングを心がけて、インパクトに安定感を出していきます。
この練習を何回も繰り返してください。

バンカーショットの特徴は、ボールだけでなく、砂を飛ばすことにあります。
ボールより後方の砂だけを飛ばそうとすると、体重が右足に残ってしまい、
フォロースルーを出すことができません。

ボールよりも先の砂も飛ばすつもりでスイングすることによって、
確実にボールが出るようになります。

バンカーショットの前に、芝の上でバンカーショットのための素振りをしておきましょう。
地面をたたくように素振りをすることによって、最悪なトップを防ぐことができます。