苦手なホールのドライバー克服法


今回は、苦手なホールのドライバー克服法初級編について、紹介したいと思います。

ここでの初級編は、スコアが100前後のゴルファーの方々が対象になります。
フェアウェイが狭かったり、どちらかにOBがあるときなど、
ドライバーで本来のショットが打てなかった経験がおありの方は多いと思います。

スコア100前後の方々のドライバーショットのポイントは、ロフト角通りの
弾道を出すことです。

体重は、若干右足体重です。比率は、6:4で右足体重をおすすめします。
次に身体のラインです。両目を結んだライン、肩のライン、腰のラインが
平行になって、弾道と同じ角度になるようにセットします。

目線は、地面と平行ではなく、やや高めに設定します。
目線を高めに設定することで、アドレスもスイングも自然に目線に合ったものに
同調していきます。

逆に目線を低くしてしまうと、ボディターンが出来なくなったり、
身体が飛球線方向に突っ込みやすくなり、手で打ってしまう原因になるので、
目線には注意して下さい。

インパクトでは、打つというより押す感覚です。
押す感覚で打つと、手首をこねてしまうことを防いでくれます。
インパクトでは、フェースというより、右の手の平で、押していく感覚が
良いでしょう。

ボールを押す感覚を強くするには、ティの高さが重要です。
ティを低めに刺して、ヘッドを地面に近くしておいた方が、
ボールを押す感覚を強くすることができます。

フェアウェイは、左右のシチュエーションと同時に、上下のシチュエーションでも、
分けることができます。

フラットな場合と打ち上げ、打ち下ろしです。打ち上げや打ち下ろしのスイングの
ポイントは、ボールの滞空時間をできるだけ短くしてあげることです。

高いボールを打とうとせず、低いボールで攻めた方が、ミスが少なくて済みます。
ボールの滞空時間が長くなるので、フラットなフェアウェイなら
問題ない曲がりでも、打ち下ろしでは、大きな曲がりになってしまうことがあります。

打ち上げでのショットのポイントは、若干右足体重にして、フェース面が自然に
オープンになってしまうことを防ぐことです。
またターゲットを確認している間に、身体が右に傾いてきやすいので、注意して下さい。

インパクトからフォロースルーにかけて、身体が起きやすいので、
スイング軌道を横振りにする感覚で振ると良いでしょう。

打ち下ろしでのスイングのポイントは、両肩、目線、腰のラインを地面と平行にすることです。
目線が下に行きやすく、上体がターゲット方向に突っ込みやすいので、注意して下さい。
ダウンスイングでは、頭が飛球線方向に動かないようにして、
ボディターンで、スイングするように心がけます。