親指の付け根で体重移動


今回は、親指の付け根で体重移動というテーマで、

紹介したいと思います。

 

飛距離をできるだけ伸ばすための最大のポイントは、

スイングとクラブのエネルギーをボールに効率よく

伝えることです。

 

ボールに効率よくエネルギーを伝えるためには、

正確で能率的な体重移動です。

 

両足の親指の付け根をイメージ上のラインで

結んでください。

 

体重移動中は、全体重が親指の付け根に

かかっているようにして下さい。

 

体重移動中に少しでもかかとに体重が移動してしまうと、

アッパーブローになってしまい、

スイングが乱れてしまいます。

 

十分なエネルギーがボールに伝わらずに、

飛距離が落ちるだけでなく、正確にヘッドに

当たらなくなります。

 

正確に親指の付け根で体重移動ができりうようになったら、

幅が10センチくらいの板を用意して下さい。

 

その上に両足の親指の付け根を中心に乗っかってください。

 

乗っかったら、親指の付け根を意識して、

通常のアドレスを取ってみて下さい。

 

アドレスをとったら、板から落ちないように、

素振りをしてみて下さい。

 

親指の付け根に体重が乗っていれば、

板から落ちることはありません。

 

もし少しでもかかとに体重がかかってしまうと、

板から落ちてしまいます。

 

試してみて下さい。