足を使ったスイング


今回は、足を使ったスイングについて、紹介したいと思います。

足を使うことを敬遠する方は、多いと思います。
理由としてボールが曲がりやすいことがあると思います。

しかし実際は、足を使った方が曲がらないのです。
松山プロも足を使ってスイングしています。

トップからインパクトにかけて、身体の軸が移動しているのが分かります。
足を正しく使えれば、20%の飛距離アップも夢ではありません。

飛距離を追求すれば曲がりやすい、まっすぐを追求すれば
飛距離が落ちると思っている方は多いようですが、両立する方法があります。

身体の軸を動かさないでスイングすると、スイングアークは小さくなります。
そうすると、インパクトでのスイング軌道がまっすぐになるのは一瞬で、
タイミングをとるのが難しくなります。

また手打ちになりやすいので、アウトサイドインになりやすく、スライスが出やすくなります。
軸を動かしてスイングすると、スイング軌道が楕円状態になり、
インパクトでのスイング軌道がまっすぐになるゾーンが長くなり、
タイミングがとりやすく、ミートの確率が上がります。

足を使う分、手打ちになりにくいので、スイング軌道がインサイドインになります。
振り遅れも少なくなります。

足を使うためには、リズムが大切です。1,2,3とカウントしながら、スイングしていきます。
1でバックスイングを開始し、腰の高さまで動かします。足はまだ使いません。

やりにくい方は、体重移動を右側に完了してから、バックスイングを開始しても良いです。
2でトップポジションに持っていきます。この時、左膝を右側に寄せていきます。

3で左足に体重移動していきます。右足は、つま先立ちになります。
この時、上半身が飛球線方向に流れないようにして下さい。
最初は、スローテンポで素振りから始めてみて下さい。