距離があるバンカーショット


今回は、距離があるバンカーショットについて、紹介したいと思います。

バンカーショットは、距離が出ないバンカーショットなので、距離を出すことはなかなか骨が折れることです。
30ヤード以上の距離がある場合は、砂を取る量を少なめにします。

ボールの3センチ下ではなく、1センチ下にヘッドを入れていきます。
砂を取る量を少なめにするためには、どうすればいいかと言うと、
スイング軌道を鋭角から若干フラットにしていきます。

フラットにするためには、ボールから若干距離を置いて、アドレスします。
バックスイングでは、クラブを背中側に上げていきます。
フラット軌道でスイングすれば、砂を取る量を少なめにすることができます。

ダウンスイングのイメージは、右手の平で、ボールの叩いていく感じです。
上から相撲の張り手をくらわす感じでも良いです。

フェイス面はオープンにしないで、飛球線に対して、スクエアに構えます。
砂を少なめに取っていくので、打った後の砂の形は変わります。

しかし距離のあるバンカーショットは、やはり難しいものです。コースマネジメントでは、
距離のあるバンカーショットにならないように、その前のショットを工夫するようにして下さい。