距離が短いパー3攻略法初級編


今回は、距離が短いパー3攻略法初級編について、紹介したいと思います。
ここでの初級編は、スコア100前後の方々を対象にさせていただきます。

最初にクラブ選びです。大きめのクラブを持って、コントロールショットは、
ミスの原因になります。フルショットができる番手を選択しましょう。

国内のゴルフコースは受けグリーンが多めにはなっています。
受けグリーンの特徴は、グリーンオーバーしてしまうと、アプローチが難しい点です。
しかし、フルショットができるクラブであれば、グリーンオーバーのリスクは少ないので、
フルショットを基準にしたクラブ選択をしましょう。

次にアドレスです。アドレスで注意すべき点は、手首の位置です。
手首が身体に近づくほど、インパクトからフォロースルーにかけて、
腕の動きが、窮屈になってしまいます。

腕の振りが窮屈になることによって、フェース面がオープンになってしまい、
スライスに原因になってしまいます。

手首は、身体からこぶし1個分くらいは離すようにしましょう。
クラブをボールにセットする際には、ヘッドの先を地面にくっつけず、
5ミリくらい浮かせましょう。そうするとボールを捉えやすくなり、
強いボールを打つことができます。

ターゲットに対して、ヘッドの合わせ方ですが、フェース面を意識してしまうと、
ヘッドがオープンになりやすくなってしまいます。
ターゲットに対して、リーディングエッジが直角になるように合わせます。
一見フェースがクローズド気味になりますが、それで大丈夫です。

ターゲットの選択方法ですが、初級編では、グリーンセンターを提案します。
グリーンセンターであれば、どちらに外したとしても、
最悪グリーンに乗る可能性が高くなります。

仮に左サイドにピンが切ってあって、左サイドを狙いすぎてしまうと、
左にボールが行ってしまうと、グリーンを外してしまい、バンカーやラフに
つかまってしまうリスクを伴います。安全にセンターを狙うのが無難です。

インパクトですが、ハンドファーストが基本です。
インパクトからフォロースルーにかけて、ヘッドを飛球線方向にストレートに
動かそうとすると、フェースがオープンになってしまい、ボールが右方向に
飛びやすくなります。

ヘッドをクローズド気味にかぶせてあげると、ボールをつかまえることができて、
距離感や方向性が向上します。