距離が短い状況で、強い打球を打つための方法


今回は、距離が短い状況で、強い打球を打つための方法について、紹介したいと思います。

スイング幅が同等でも、フェイス面を返すことによって、
強い打球を打つことができます。

ダウンブローで打つということとフェイス面を返すことには、
重要な関係があります。

最初にチェックしていただきたいことがあります。
ピッチングウェッジ(PW)を使用して、いろいろな距離を
打っていただきます。

50~90ヤードを打ち分けていただきます。
同じスイング幅で、フェイス面をを返さないように
スイングした場合と、ダウンスイングで右ヒジを曲げないようにして
フェイス面を返してスイングするのとで、球筋を比較してみて下さい。

比較してみると、完ぺきにボールをヒットしたとしても、
フェイス面を返さないように打ったスイングでは、
方向性はまずまずだったとしても、
弱い球筋で飛ぶと思います。

一方、フェイス面を返してヒットしたボールは、
似たようなスイング幅であっても、
球筋が強く、飛距離が出ると思います。

正確なフェイス面の返しをマスターすれば、
インパクトゾーンも伸びてミスショットを減らすことができます。

飛距離を出ると共に確実性も向上するということを
覚えておいてください。