距離が長いパー3の攻略法②


今回も、距離が長いパー3の攻略法について、紹介したいと思います。

正確なアドレスをセットしても、バックススイングで力が入ってしまっては、
元も子もありません。インパクトで力んでしまっても、ミスの原因になります。
力みは、ダウンスイングで上体の突っ込みの原因になるので、注意して下さい。

スイング中の注意点は、3つ挙げられます。
1つ目は、十分に体重移動をして、上体を捻転します。
2つ目は、構えた時に手に感じるクラブの重みが変わらないようにスイングします。
3つ目は、フォロースルーの形を最低3秒以上はキープすることです。
この時、左足1本で立っているイメージを持ってください。

インパクト後は、あまり無理して顔を下に向けて必要はありません。
インパクト後は、肩の動きに合わせて、自然に顔を飛球線方向に向けてあげます。

アイアンが苦手な方は、ショートウッドを使う方法もあります、
アイアンに比べて、ショートウッドは、方向性に若干難がありますが、
飛距離の安定性は抜群です。

高く上がってキャリーが少ないので、グリーン手前にバンカーや池がある場合に、
有効です。

ボールの位置は、アイアンよりボール2分の1個分左側にセットして、
ティは若干高めにセットすると良いです。