距離を合わせにくいライからのバンカーショット


今回は、距離を合わせにくいライからのバンカーショットについて、紹介したいと思います。

ただでさえ難しいバンカーショットで、さらに難しいのは、
左足下がりと目玉になったライからのショットです。

左足下がりと目玉は、原則高いボールを打とうと思ってはいけません。
砂の状態やアゴの状態によっても変わってきますが、低いボールを打っていくようにします。

ライの状態から考えて、スピンはほとんど効きません。
ランが出やすいので、転がる距離を計算に入れていきましょう。

ライの状態から考えて、40ヤードの飛距離を稼ぐことはなかなか難しいですが、
グリーンの手前でボールを飛ばして、そこから先はランで稼いでいけば、
30ヤード以上の飛距離を稼ぐことは十分に可能です。

しかし距離を稼ごうとしてオーバースイングになってしまうと、
ダフリやトップのリスクがあるので、バンカーから出すことを重要視して下さい。

左足下がりのライでは、ボールの後ろ側方向に上がっていて、ダフリが出やすいライです。
傾斜に沿ってアドレスしていただいて、左足に体重を乗せたまま、スイングしていきます。

身体の伸び上がりを防ぐために、低く長いフォロースルーを心がけて下さい 。

ダウンスイングでは、右足のかかとをできるだけ地面につけたままスイングして下さい。
そうすると、ヘッドが入る角度が安定してきます。

目玉の状態では、砂にヘッドを強く打ち込んでしまうと、砂を多く取りすぎてしまい、
ダフリになり、飛距離を全く稼ぐことができません。

あまり砂を取ろうとせず、ボールの真下にヘッドを落としてくるイメージを持って下さい。
フォロースルーを大きくしてしまうと、トップしてしまうリスクがあるので、フォロースルーを浅めにして下さい。

ダウンスイングでは、砂の抵抗に押されないために、手首を積極的に使います。
バックスイングでコックを使って、ダウンスイングでコックをほどいて、ヘッドの加速させて下さい。