距離感が合うパッティング


今回は、距離感が合うパッティングについて、

紹介したいと思います。

 

距離感を合わせるには、ストロークの方向性が

重要になってきます。

 

ボールが転がっていく方向とヘッドが移動していく方向が一致すると、

ヘッドのエネルギーがボールに伝わりやすくなります。

 

インパクトからフォロースルーにかけて、

ヘッドを上に上げてしまうと、

ボールにエネルギーを伝えることができずに、

こすってしまうだけになってしまいます。

 

ヘッドをまっすぐに押し出す練習ドリルとしては、

練習グリーンにティを差し込んで下さい。

ティの上にクラブのグリップを置いて下さい。

 

グリップの下には、空間ができるはずです。

空間の幅は、ゴールを通すことができるくらいにして下さい。

 

空間より若干右側にボールを置いていただき、

インパクトでグリップの下の空間をボールが

通るようにストロークしてみて下さい。

 

このドリルを実践することによって、

ヘッドが低く長く移動するようになってきます。

 

ヘッドが低く長く移動することによって、

ボールを押し出す時間が長くなってきて、

自分が転がしたい距離感が伝わりやすくなります。

 

ストローク中は、ティに置いたグリップと頭の

位置関係が、常に一定になるようにして下さい。