距離感が合うピッチアンドラン


今回は、距離感が合うピッチアンドランについて、

紹介したいと思います。

 

確実にパーをセーブするために、必要になってくるのが、

ピッチアンドランです。

 

ボールを落としていく場所に問題がなければ、

高いボールを上げるより、低いボールで、

ボールを転がしていく方が、はるかに安定感があります。

 

上級者になれば、高いボールも必要になってきますが、

それは選択肢がそれしかない場合にかぎります。

 

上級者でも、ピッチアンドランが打てるのであれば、

ピッチアンドランを打ちたいものです。

 

多くのゴルファーの方もピッチアンドランを使っていると

思いますが、正しいピッチアンドランを使わないと、

ミスショットの原因になってしまいます。

 

ピッチアンドランで犯しやすい間違いは、

3つあります。

 

1つ目は、バックスイングが小さくなってしまい、

ダウンスイングからフォロースルーにかけて、

スイングが早くなってしまいます。

 

2つ目は、バックスイングが大きくなりすぎてしまい、

インパクトで合わせにいってしまう打ち方です。

 

3つ目は、ボールを上げようとしてしまい、

手首をこねくり回してしまうことです。

 

これらのスイングをしてしまうと、トップやダフリが

出る可能性が大きくなるので、注意して下さい。