距離感を合わせるためのプレパットルーティン


今回は、距離感を合わせるためのプレパットルーティンについて、紹介したいと思います。

ゴルファーの方々にとって、グリーン上で避けたいトラブルは、3パットだと思います。
3パットが出やすい距離は、5mから10mだと思います。

距離感を正確につかむために、多くの方は素振りをすると思います。
しかし素振りをただすれば良いというものではありません。

多くのゴルファーの方々が雑に素振りをしてしまい、素振りをする場所も良くないことが多いです。
素振りにも正しい方法と素振りをする場所があります。

まずは素振りをする場所です。カップを確認しながらする位置は、
実際にパッティングをするポジションの右斜め後ろ側から行うのが望ましいです。

ゴルファーの方々のなかには、ラインは真横から見た方が良いのではと思い方が
いらっしゃると思います。しかし若干右側から見たほうのが、
自分のパッティングをイメージしやすいですし、
縦方向と横方向からラインを読むことができます。

次に素振りの方法です。パターを振るのではなく、
パターに振られている感覚を持つことが大切です。

素振りの段階で力が入ってしまうと、実際のパッティングでsも
力が入ってしまい、パンチショットのリスクが出てきてしまいます。

ヘッドがどう動くかは、無視していただいて大丈夫です。
ボールが当たる瞬間のフェイス面だけを意識して下さい。

グリップに力が入ってしまう方は、グッパーを繰り返してから、
握るとリラックスできます。