距離感を合わせるパターのグリップ


今回は、距離感を合わせるパターのグリップについて、

紹介したいと思います。

 

近年のグリーンは、ボールが転がりやすい傾向にあります。

ボールが転がりやすくなれば、それだけ距離感を合わせにくくなります。

 

手首で力を調節する打ち方では

ショートしたりオーバーしたりしてしまいます。

 

距離感を合わせるためには、手首をいかに

使わないかがポイントになってきます。

 

両肩の動きによって、距離感を合わせていくのが

理想的です。

 

手首を固定しにくい方におすすめのグリップは、

逆オーバーラッピンググリップです。

 

逆オーバーラッピンググリップとは、

右手を左手の人差し指で包み込むグリップです。

 

ショットと同じグリップにしてしまうと、

バックスイングで右手を使ってしまったり、

フォロースルーで左手を使ってしまうリスクが生じてきます。

 

両手首を使わないためには、

逆オーバーラッピンググリップラッピングです。

 

両手が一体になって、動きやすくなり、

手首を使いにくくしてくれます。

 

ストロークは、手首の動きを抑えて、

両肩を回転させてストロークして下さい。

 

距離感を合わせやすくなります。

左手の人差し指は、伸ばして下さい。

伸ばした人差し指で、右手の中指と薬指を

包み込むように押えて下さい。