距離感を安定させる方法


今回は、距離感を安定させる方法について、紹介したいと思います。

飛距離を追求するドライバーと違って、アイアンは距離感が要求されます。
クラブごとに距離を打ち分ける必要があります。
自分が飛ばしたいと思っている距離と実際の距離が違っていたら、修正が必要です。

基準は、10ヤードです。距離感がずれてしまう原因として考えられるのが、右手を下方向から握るフックグリップです。
フックグリップで多いのが、フェイス面をクローズドしてバックスイングしてしまうパターンです。

この状態でバックスイングしてインパクトを迎えてしまうと、ロフト角が急角度になってしまい、
ショートアイアンでは、飛距離が出すぎてしまいます。ロングアイアンでは、低弾道になってしまい、飛距離が出ません。

ヘッドが入る角度にばらつきが出てしまい、飛距離がばらついてしまいます。
修正方法ですが、アイアンでは、100%スイングは禁物です。80%スイングを心がけて下さい。

トップは腰の高さを心がげて下さい。慣性の力で、正確なトップに収まります。
グリップは、右手をで雑巾を絞り込むようなスクエアグリップがおススメです。

トップでのフェイス面は、地面に対して、45度が適切です。
そうすると、ヘッドが入る角度が安定してきます。