距離感を磨くための練習ドリル


今回は、距離感を磨くための練習ドリルについて、紹介したいと思います。

練習時間をあまり取れない方は、感性を大事にすると良いです。
まずは基準となる距離を決めていきます。腕をダラーんと垂らして、リラックスしてください。

スタンスは、通常のスタンスにしてください。気持ち良い振り幅で、スイングしてください。
男性であれば、60ヤードくらい飛ぶと思います。この距離が基準となります。

この時に、右手を使いすぎてしまうと、ヘッドスピードやインパクトに誤差が生じてしまうので、
左手を使って振るようにしてみてください。

半分の距離の30ヤードを打つ場合は、パットのロングバージョンの感覚で、振っていきます。
この時は、右手を重視して、スイングしてみてください。

60ヤードを狙って行くときのボールの位置は、身体のセンターになります。
距離を微調整する場合は、ボールの位置を変えていきます。

もし50ヤードを狙っていくときは、身体のセンターから、ボール1個分左サイドにセットします。
そうすると、ボールが高く上がり、上がった分、飛距離が落ちて、50ヤードくらいになります。

もしいつもより飛ばない場合は、身体が右に傾いている場合が多いです。
いつもより飛ぶ場合は、身体が左に傾いている場合が多いです。身体の軸をチェックしてください。