身体が小さい方がボールを飛ばす方法


今回は、身体が小さい方がボールを飛ばす方法について、

紹介したいと思います。

 

ボールを飛ばすための最大の秘訣は、

身体の捻転によって生まれたパワーを

余すことなくボールに伝えることです。

 

インパクトで下半身が飛球線方向に流れてしまい、

パワーが逃げてしまうことが飛距離を伸ばせない

最大の要因です。

 

下半身が飛球線方向に逃げないために、

ダウンスイングからインパクトにかけて、

左のひざの動きに注意を払う必要があります。

 

ダインスイングでは、左足のつま先で地面を

踏み込みます。

インパクトでは、左ひざを一気に伸ばしていきます。

 

左ひざを一気に伸ばすことによって、

左サイドに壁を作ることができます。

 

壁を作ることによって、手首をスムーズに

動かすことができるようになってきて、

ヘッドスピードが一気に上がってきます。

 

そうすると、エネルギーを効率よく

ボールに伝えることができるのです。

左ひざを伸ばすときの注意点があります。

 

左ひざを伸ばした時に、一緒に身体も

伸ばさないようにして下さい。

 

上体が伸びてしまうことによって、

前傾角度が崩れてしまい、

ミスショットの原因になってしまいます。

 

上体が起き上がらないようにするためには、

インパクトでボールを見続けることが大切です。