身体の軸を使ったスイング


今回は、身体の軸を使ったスイングについて、

紹介したいと思います。

 

身体の軸を使っていないスイングの特徴としては、

土ふまずがどうなっているかです。

 

土ふまずが浮いてしまって、足がめくれやすくなってしまうと、

軸をうまく使うことができません。

 

土ふまずが浮いてしまう原因としては、

足の指が丸まった状態が考えられます。

 

 

足の指が丸まってしまうと、

土踏まずが地面から離れてしまい、

足が上がってしまいます。

 

足が上がってしまうと、スイング軸が

ずれてしまうのです。

 

スイング軸がしっかりするためには、

足の指を思い切って開くことがポイントです。

 

足の指を思い切り開いたら、つま先に

体重を乗せていきます。

 

つま先を思い切り開いて、体重を乗せたら、

スイングしていきます。

 

そうすると、土踏まずが地面から離れることなく、

軸を保ったままスイングをすることができます。

 

足の指を開くことは、意外と難しいものです。

普段から足の指を開く習慣をつけておくことが重要です。

 

足の指を開くことができるようになったら、

軸をさらにしっかり安定させる練習ドリルを紹介します。

 

左手1本で、スイングしていきます。

左手1本でスイングするためには、しっかりと

左足で踏ん張る必要があります。

 

左手1本でも、踏ん張れたら、大丈夫です。