身体全体でスイングする方々の練習ドリル


今回は、身体全体でスイングする方々の練習ドリルについて、紹介したいと思います。

ダウンスイングで、身体全体を使って、クラブを振り下ろしていきます。
体重移動を最大限使ってスイングするので、関節はあまり使いません。

身体の動きを大きく使うので、上下動が大きくなりがちです。
ダウンスイングで前傾角度が崩れやすくなるので、スライスが出やすくなるのが特徴です。

練習ドリルとしては、1本足スイングがおススメです。
身体を大きく使う方にとってNGな動きが身体のスウェーです。

身体の軸が左右にぶれないようにするために、1本足スイングで打ってみます。
アイアンを使う場合は、左足1本でスイングします。

使用するクラブは、PWです。バックスイングでは、
腕と身体を同時進行で動かしていき、体重が右に流れないようにします。

左足の内側に体重を乗せていきます。
インパクトは、身体の正面で迎えるようにします。

ドライバーを使う場合は、右足1本打ちになります。
右足一本でバックスイングしていきます。

ダウンスイングでは、頭を右側に残したまま、ボールを捉えていきます。
体重移動が大きくなってしまうと、1本足で打てないので、
注意して下さい。

他には、ティを高くしてPWで打ってみます。
身体が上下動してしまうと、ティを打ってしまうので、
前傾角度を維持して、打ってみて下さい。