身近なグッズを使った練習


今回も、プロゴルファーがよくやっている練習法について、紹介したいと思います。

1.    1.5mパット練習
パッティングのストローク軌道を身体に刷り込むために、棒を用意します。
パッティングのストローク軌道がストレートであれば、そのラインに沿って、棒を置きます。

カップとボールの距離を1.5mにして、ボールを打ちます。
ヘッドのヒール側が棒に触れるようにストロークすると、
ストレートのラインをはっきりと自覚できます。

カップまでの距離は、1.5mが良いと思います。
それ以上長くなってしまうと、インパクトが強くなりすぎてしまい、
ヘッドの動きを自覚しにくくなってしまうので、1.5mに設定しましょう。

2.    10円玉パター練習
パターヘッドの上に10円玉を置いて、ストロークする練習法です。
早すぎても遅すぎても、ヘッドから10円玉が落ちてしまいます。
一定のテンポで打つ練習をしたいときは、最適な練習です。

3.    スナックゴルフ練習
スナックゴルフの練習に使われるスナッパーを使います。
棒の先にリボンがついている練習器具で、
スイングを正しくできると、ぱちーんという音がなります。
この練習をすることによって、打ち急ぎや捻転不足の解消に役立てることができます。