身近な道具練習法


今回は、日用品を使った練習法について、紹介したいと思います。

1.    アンブレラぶら下げ素振り
アンブレラ(傘)を背中のベルト通しに引っかけて、素振りをします。
ゴルフにおいて大切な腰や下半身の動きを確認することができます。

背中のベルト通しに傘を引っかけたら、
下半身が前後左右にぶれないように素振りをします。
スイングのスピードが速くなるインパクトからフォロースルーにかけては、
傘が動くのは構いません。

ただしバックスイングの時に、傘が動いて、脚に触れたり、
前後左右に動きすぎる場合は、腰や下半身がぶれている可能性があります。

下半身の動きすぎは、スイングプレーンがずれてしまい、
ボールを正しくヒットすることができずに、
ミスショットの原因になりますので、注意して下さい。

2.    ヘッドカバー素振り
腕だけのスイングになりがちなゴルファーにおすすめの素振りです。
グリップにヘッドカバーをかぶせた状態にします。
通常通りにグリップしたら、ヘッドカバーの先を手首の間にはさみます。

この体勢からアプローチを打つような感じで、素振りをします。
ボディターンを正しく行えていれば、ヘッドカバーが手首から外れません。

ヘッドカバーが外れたとしたら、手打ちになっている可能性があります。
手打ちになると、スイング軌道が不安定になり、
ミスショットの原因になるので、ヘッドカバー素振りを練習して下さい。