軸回転させるための練習ドリル


今回は、軸回転させるための練習ドリルについて、紹介したいと思います。

身体の軸を中心に回転できると、バランスの良いスイングができます。

イメージ的には、頭の上に糸をつけて、糸で上から引っ張られている感じです。
頭が糸で引っ張られていれば、前傾角度がずれることはありません。

糸が切れてしまえば、身体のバランスがくずれてしまいます。
上体が前に突っ込んでしまったりします。

上体が突っ込んでしまうと、クラブが遅れて入ったり、
アップライトに入りすぎてしまうので、軸を常に意識するようにして下さい。

身体の重心がどこにあるか、チェックしておくことが重要です。

多くの場合、身体の重心はへそのあたりにあるはずです。
前傾角度を維持しながら、身体の軸を中心に回すためには、
みぞおち、胸を意識しながら、そこを中心に身体を回転させていきます。

そうすると、前傾角度を維持しながら、
身体の背骨を中心に軸回転することができます。

アドレスでは、アゴを下げ過ぎないようにします。
アゴを下げてしまうと、身体の軸が前にいきすぎてしまうので、
注意して下さい。

身体の回転は、股関節から上を回転させていく感じです。
両足の内側の筋肉を緊張せて回転していくと良いです。