逆目のライからのアプローチ


今回は、逆目のライからのアプローチについて、紹介したいと思います。

逆目であり、しかもラフからのアプローチとなると、難易度は急激に増します。
ボールとフェイス面の間に芝が入ってしまうので、スピンがかかりにくくなり、
ランが出やすくなってしまうからです。

さらにボールが落ちた芝の状態によって、ランの度合いも変わってきます。
逆目では、ボールのいきおいが殺されてしまい、順目に比べて、
ランが出にくくなってしまいます。

ボールがラフに入ってしまい、ボールが芝の中に潜ってしまったら、
ロフトが大きいサンドウェッジをオススメします。
サンドウェッジでボールの下の芝を切るようにスイングしていきます。

ボールをセットする位置は、通常よりもボール1個分右サイドにセットします。
クラブは、短めに持ってください。スタンスは、若干オープンが良いと思います。

クラブを短めに持ったら、クラブを吊り上げるように持ちます。
スイングは、振り子をイメージして、一定のリズムでスイングします。
スイング中は、右ひざの位置を変えず、両ひざの間隔をキープするように、スイングします。

ラフの上にボールが浮いている状態の時は、ユーティリティをオススメします。
スイングは、パターと同じ要領で、振り子をイメージして、スイングしてみて下さい。

アプローチでユーティリティを使う方法は、転がしやすいので、ラフから比較的寄せやすいです。
海外のトーナメントでも盛んに行われている方法ですので、ぜひトライしてみてください。