逆目の深いラフからの脱出方法


今回は、逆目の深いラフからの脱出方法について、

紹介したいと思います。

 

深いラフからの脱出でさえ難しいのに、

さらに逆目となると、スイングパターンは、

少なくなってしまいます。

 

逆目のラフとなると、高いボールは難しいので、

低いボールで攻めていくことになります。

 

逆目では、振り抜くことが難しいので、

フォロースルーを小さくして、低いボールで

攻めていくことが重要です。

 

低いボールで打つためには、芝ごと払うように

打つことはNGです。

 

払うように打ってしまうと、芝が絡みついてしまい、

フォロースルーで振り抜くことが出来なくなってしまいます。

 

ダウンスイングは、ダウンブローで打ち込んでいく

イメージを持って下さい。

 

スタンスは、狭くして下さい。

ボールは、右足の前にセットして下さい。

 

スタンスとボールの位置を変えていくだけで、

ダウンスイングは、ダウンブローになってきます。

 

腕の動きの注意点は、両肩と手首を結んだ

三角形が、崩れないようにスイングして下さい。

 

また手首とヘッドの位置関係ですが、

常にハンドファーストを意識してみて下さい。

 

目線の動きにも注意が必要です。

インパクトからフォロースルーにかけて、

頭が起きてしまわないように、ヘッドを目で追ってください。

 

頭の位置をキープしながら、身体の軸が左右に

動かないようにします。