過度の身体の回転や体重移動がスイングの遅れを招く


今回は、過度の身体の回転や体重移動がスイングの遅れを招くことについて、紹介したいと思います。

多くのゴルファーの9割以上は、振り遅れていると言われています。
普段、たくさんの方々を指導していて、いつも感じることがあります。

数多くあるミスショットの原因は、振り遅れによって、
起こっているということです。

ヘッドが振り遅れてしまう(身体の回転に対してヘッドが遅れてしまう)と、
シャフトが倒れてしまい、フェース面がオープンになってしまい、
ダフリが出たり、打球が右方向にいってしまいます。

打球の動きを察知してしまうと、クラブを手首でこねようとしてしまい、
トップや引っかけが出る可能性が出てきてしまいます。
そして、アマチュアのスイングに注目してしまうと、
9割は振り遅れという現象が出てきてしまいます。

振り遅れの原因は、無理やり身体を回転させてスイングしよう
としていると考えられます。
腕を活用して振っていこうとする感覚がないため、
ヘッドを走らせることがうまくできません。

身体を回転させて打つという感覚は、ダウンスイングよりも
先にバックスイングが重要になってきます。

振り遅れを改善するには、で体を回す感覚をなくすことです。
胸を正面にしていただいて、手でクラブを上げていきます。