重心を自覚して飛ばす技術


今回は、重心を自覚して飛ばす技術について、紹介したいと思います。

ショートアイアンは、シャフトが短いので、手首だけで振っても、
ヘッドが振り遅れることはありません。

しかしロングアイアンやウッドのようなシャフトが長いクラブになると、
ヘッドが振り遅れてしまいます。そのような時は、シャフトの重心を意識すると良いです。

重心を意識しやすくするためには、重心に目印をつけることです。
指にシャフトを乗せていただき、天秤のような状態にします。

天秤にかけていただいたら、シャフトがつり合うポイントを探します。
シャフトが釣り合うポイントが見つかったら、テープを貼って目印を作ります。

目印を作ったら、通常通りにアドレスしていただきます。
アドレスしたら、目印を中心にスイングする意識でスイングします。

そうするとスイングのタイミングが合ってきて、ボールの曲がりを防ぐことができます。
逆に重心ではなくグリップを意識してしまうと、ヘッドが遅れて下りてきてしまい、
フェイス面がオープンになってしまい、ボールの曲がりが大きくなってしまいます。

また右肩が出てしまい、ボールが曲がりやすくなってしまいます。

さらに飛ばす技術を高めるためには、右手が重要です。
右手に力が入ってしまうと、しゃくりの原因になってしまいます。

右手の力を抜くために、人差し指と小指を離して、影人形の狐のような形を
作って素振りをします。そうすると右手の緊張を防ぐことができます。