鉛でドライバーのスライス・フック修正法


鉛を利用して、フック・スライスを修正する方法をご紹介します。
ドライバー,鉛,バランス

スイングでスライスやフック防止以外にも、
鉛を貼る場所によって、球筋を変えることができます。

スライサーは、ヒール側に鉛を貼ります。
まずは、2グラムづつ貼っていきます。

0000432984_p01_01

フックする方は、トウ側に鉛を貼ります。
同じように、2グラムづつ貼っていきます。

images (1)

2グラムづつ貼りながら、ボールを打っていき、調節していきます。
鉛を貼りすぎてしまうと、ヘッドバランスが崩れてしまいます。
シャフトが相対的に柔らかくなってしまい、別のミスショットの原因になってしまいます。

この辺りは、少しずつ貼りながらながら、
「ふりやすさ」と「球の曲がり具合」を調整していってください。

ヘッドのソールの真ん中に貼ると、ヘッドの重心を下げることができます。
ヘッドの重みを感じることができることは、スイングにおいては重要です。

お手軽に球筋を変化させてみたい場合は、
ぜひ、鉛を活用してみてください。

詳しくは、こちらの動画をご覧ください。

最後までご購読いただきありがとうございます。