長いラフからのアプローチの打ち方


今回は、長いラフからのアプローチの打ち方について、紹介したいと思います。

ラフの状態にもよりますが、グリーン近辺のアプローチはなかなか難しいものです。
理由として挙げられるのが、芝がヘッドのどのくらいの抵抗をもたらすか、距離感が分かりにくいからです。

アプローチでの注意点は、強く打ち過ぎないことです。
ラフでは強く打ちたくなると思いますが、距離は必要ないので、
ヘッドスピードが急に速くならないようにすることが大切です。

常に同じスイングスピードで振ることが大切です。
イメージとしては、ゆっくり振る感じで良いと思います。
手打ちはNGなので、注意して下さい。

ピンまでの距離が長くても短くても、身体の回転でスイングすることが大切です。
ラフからのアプローチで大切なのは、ゆっくり振って、大きく振ることです。

両腕と手首はを結んだ三角形が崩れないようにすることが大切です。
アプローチでは、あえてクラブを長く握ります。

クラブを長く握ることによって、クラブヘッドの重みを感じやすくなるからです。
グリップを握る強さは、ラフの抵抗に負けないために、若干強めに握って下さい。

スイング中の体重移動は膝を柔軟に使ってスイングして下さい。
ラフが順目でない場合は、ヘッドのヒールから入れると、芝の抵抗に負けずに、スイングして下さい。