長さを測って上達する方法


今回は、長さを測って上達する方法について、紹介したいと思います。

多くのゴルファーの方々にとって、基準が意外とはっきりしていないのが、ティの高さです。
高さが毎回違ってしまうと、うまく打てたりミスしたりと不安定な結果になってしまいます。

ドライバーのスイートスポットの位置は、多少の差がありますが、
フェイス面センターの少し上にあります。

ベストなティアップの位置は、スイートスポットの1センチ上にボールの赤道がくるようにします。
もちろん個人差がありますので、プラスマイナス1センチの範囲内で、調整していきます。

ここで調整の例を紹介させていただきます。ティアップする際に、薬指を伸ばします。
毎回薬指が地面に触れるようにします。どんなボールを打つかによって、ティの高さを変えていきます。

飛距離を出したい時は、若干ティを高めにセットします。
低い球筋で、方向性を重視したい時は、若干ティを低めにセットします。

次にラウンド前のパッティングの距離の長さについてです。ここでの基準は、1.5メートルです。
1.5メートルである基準は、確実に入れておきたい距離だからです。

練習する順番ですが、パッティングを最初にすることをオススメします。
ドライバーを最初に打ってしまうと、グリップに力が入ってしまい、
パッティングの細かいタッチを出しにくくなっててしまいます。