障害物からのアプローチ


今回は、障害物からのアプローチについて、紹介したいと思います。

ラフからのアプローチでは、ボールが芝に沈んでいる時は、
ロフト角が多いサンドウェッジを使います。

サンドウェッジだとラフの中にエッジが入りやすくなります。
クラブは短めにグリップします。

ボールを右サイドにセットします。フェイス面はクローズドにセットします。
ボールの真後、後ろにエッジを落としていきます。

正確にヒットできてもダフリ気味でも、芝が挟まるので、
スピンは利きにくいです。その分、ランが多めに出ます。

ランを計算して、グリーンエッジとグリーンの間にボールを落としていきます。
もしラフの上にボールが浮いている状態であったら、
サンドウェッジで打ってしまうと、エッジがボールの下に入ってしまい、
距離感を出すのが難しくなります。

8番アイアンで、ランニングアプローチで狙っていきます。

正面にバンカーがある場合は、高いボールを打っていく必要があります。
バンカーを超えていくためには、15ヤードボールを浮かしていく必要があります。

フェイス面はオープンにします。スタンスもオープンにします。
ボールのセット位置は、身体のセンターより左サイドにセットします。

バックスイングとダウンスイングは、スタンスに沿って、スイングしていきます。
ボールを無理やり上げようとしないことです。

手首の角度を維持しながら、フェイス面の角度を維持しながら、
フィニッシュまで振り抜きます。