隠れカット軌道の修正法


今回は、隠れカット軌道の修正法について、紹介したいと思います。

隠れカット軌道を修正するには、正確にインサイドインの軌道にする必要があります。

修正方法としてオススメなのが、クローズドスタンスです。
股関節を十分に回転させることができて、インサイドインのスイング軌道になってきます。

クローズドスタンスの長所は、クラブを内側から振り下ろしてくる空間ができて、
ダウンスイングをアップライトな軌道にすることができます。

またバックスイングで、股関節を回転させやすいので、
トップを深めに作ることができます。

望ましいトップの位置は、背中がターゲット方向に向いている状態です。
そのためには、腰を45度回転させて、さらに上半身を45度回転させることです。
その捻転具合を体感することができます。

スイング軌道を毎回同じにするためには、腕をアップライトに下ろしてくることです。
アップライトに下ろすためには、手首を真下に下ろしてくるくることです。

クローズドスタンスによって、手首を真下に下ろす感覚が分かってきます。

クローズドスタンスは、最初は非常に打ちにくいと思います。
しかしクローズドに構えることによって、カット軌道だと、
クラブがボールに届かないので、スイング軌道をチェックできます。

クラブがボールに届くためには、
手首を真下に下ろしてインサイドにスイングしなければなりません。

クローズドスタンスによって、スイング軌道の確認にも使えます。