難しいライからの150ヤードショット スイング編


今回は、難しいライからの150ヤードショット

スイング編について、紹介したいと思います。

 

左足下がりのつま先下がりのライでは、ボールを

上げようとしてしまうため、バックスイングとフォロースルーが

大きくなってしまいがちです。

 

ミスショットを防ぐためには、芝を払うように

スイングしてみて下さい。

 

足よりもボールの位置が低いため、

水平な地面とは、目からボールまでの距離が違います。

 

ボールまでの距離を合わせるために、何回か

素振りをしていただいて、芝をこする感覚を意識して下さい。

 

数回素振りをしていだたいて、すべて芝をこすることが出来たら、

大丈夫です。

 

スイングの幅は小さめにして下さい。

バックスイングでは、手首が10時の位置にセットして下さい。

フォロースルーは、3時の位置に止めて下さい。

 

高いボールを打とうとしてはいけません。

低いボールを打つイメージで打って下さい。

 

バックスイングで注意することは、左ひざです。

左ひざの角度が変わらないようにして下さい。

左ひざが伸びてしまうと、ダフリの原因になってしまうので、

注意して下さい。

 

ターゲットを決めたら、ターゲットを見るのではなく、

20ヤード先の地面を見るようにします。

 

目線は低く維持して下さい。目線を低くすると、

コンパクトなスイングができます。