風が強い時のドライバーの打ち方


今回は、風が強い時のドライバーの打ち方について、

紹介したいと思います。

 

風が強い時は、高いボールはNGで、低いボールで

攻めるものだと思っていませんか。

 

低いボールを打とうとして、ダウンブローで打ち込んでしまうと、

ボールのスピン量がかえって多くなってしまいます。

 

スピン量が多くなってしまうと、ボールが吹き上がってしまいます。

 

スピン量を適正に保つには、若干アッパーブロー気味が

おススメです。最近のドライバーは、スピン量が

抑えられるように設計されています。

 

ある程度高いボールで打った方が、風に負けない

ボールを打つことができるのです。

 

アッパーブロー気味に打つことブラスフェイス面の上の方で

打つことによって、さらにスピン量を抑えることができます。

 

確実にボールを捉えるためには、身体の前傾角度を

一定に保つことです。

またインパクトで、手首が低い軌道を描くことも重要です。

 

ダウンスイングで、頭を飛球線方向に動かしてしまうと、

スイング軌道がダウンブローになってしまいます。

 

ダウンスイングで、身体の軸を右サイドにセットすることによって、

アッパーブローのスイング軌道になってきます。

 

そのためには、アドレスの段階で、身体の軸を

若干右サイドに傾けておきます。

その傾きを維持しながら、スイングしていきます。