風に強い低いボールを打つ練習


今回は、風に強い低いボールを打つ練習について、紹介したいと思います。

ゴルフに風はつきものです。強い風になると、
番手を2つか3つ上げなければならないことがあります。

風に強いボールを打つためには、低いボールを
打つ技術が必要になってきます。

低いボールを打つために、特別なことは
特に必要ありません。

変えるとしたら、ボールをセットする位置です。
ボールをセットする位置が変われば、
アドレスの自然に変わってきます。

ボールをセットする位置は、普段よりも
右サイドにセットします。

ボールを右サイドにセットすれば、
手首は自然とハンドファーストになります。

スイングは、いつも通りにしていただいて、
ハンドファーストの形をキープしながら、
インパクトを迎えて下さい。

ダウンブローで打ち込んでいただいて、
ボールを上からたたくイメージを持ってしまうと、
ボールにスピンがかかって、高いボールになってしまいます。

いつもと同じスイングをして下さい。
目線は低くキープするようにします。

目線の高さとターゲットの高さを同じになるようにします。
スイングは、リラックスして下さい。

力を入れてしまうと、ヘッドスピードが落ちてしまい、
風に負けてしまうので、注意して下さい。