飛ばしの基本


今回は、飛ばしの基本について、紹介したいと思います。

力がないと、ボールを飛ばすことはできないと思っていませんか。
大丈夫です。力が無くても、ボールを飛ばすことはできます。

飛距離を出すには、ヘッドスピードを上げることが重要です。
ヘッドスピードを上げるには、身体が鞭のようにしなやかに動くことが重要です。

身体を鞭のようにしなやかに動かすためには、力任せではいけません。
構えた時に、上半身の力を抜くことが大切です。

上半身をリラックスさせるには、グリップを軽く握ることが大切です。
親指と人差し指で強く握ってはいけません。

グリップの裏側から、指で包み込む感じです。
ペットボトルを握ってみて、ずり落ちないぎりぎりの強さが理想的です。

スタンスは、肩幅より広くします。
アドレスした時、ヘッドは地面から離すと、力が抜けやすくなります。

バックスイングは、ヘッドから上げようとすると、力が入ってしまいます。
手首から上げて、ヘッドが後からついてくるようにすると、グリップに力が入りません。

手首がトップにきてから、ダウンスイングを開始すると、鞭のイメージを持ちにくくなってしまいます。
トップにくるまえにダウンスイングを開始して下さい。鞭のしなるようなイメージを体感しやすくなります。

インパクトでは、鞭でひっぱたくようにコックをほどくと、
シャフトが鞭のように、しなってくれます。