飛んで曲がらないドライバー


今回は、飛んで曲がらないドライバーについて、

紹介したいと思います。

 

ボールを遠くに飛ばしたいと思うと、

力いっぱい振ると、自然と腕に力が入ってしまいます。

 

力を無理に抜こうとしてリラックスしても、

なかなか力は抜けるものではありません。

 

リラックスするよりも、力が入っても

大丈夫なようなスイングを追求しましょう。

 

身体の中で力が入りやすい場所は、腕だと思います。

クラブを握っているのは腕ですし、

腕を素早く振っていきたいと思います。

 

腕に力が入っていても、正しい腕の通り道を

分かっていれば大丈夫です。

 

右手の平をクラブのフェイス面と仮定します。

手の平の方向を変えないようにして、

バックスイングでは、まっすぐ引くようにしていきます。

 

手首がウェストの位置に来た時の手の平は、

正面を向いているのが正解です。

 

腕の軌道が正しければ、腕に力が入ったとしても、

ボールをまっすぐに飛ばすことができます。

腕の軌道を正しくするためには、アドレスも

重要になってきます。

 

上半身の前傾は、股関節から作るようにしていきます。

体重は、両足の親指の付け根に置くようにして下さい。

 

そうすれば、腕のスイング軌道を確保することができるので、

力一杯スイングしても、まっすぐなボールを打つことができます。