飛んで曲がらなくなるスイング


今回は、飛んで曲がらなくなるスイングについて、紹介したいと思います。

飛んで曲がらないボールを打つためには、身体の回転を一瞬止めて、
インサイドアウトのスイング軌道に振る必要があります。

スイング軌道は、フラットではなく、縦回転で振る必要があります。
背の大きさにもよりますが、縦回転で振れば振るほど、インパクトを直線で捉えることができます。

インパクトが直線になるほど、ボールは真っ直ぐにとびやすくなります。
縦回転で振るための秘訣は、スイング軌道をインサイドアウトにすることです。

インサイドアウトで振るためには、スタンスは若干オープンスタンスにします。
スイング軌道を飛球線方向に真っ直ぐに振っていきます。

そうすると、インサイドアウトを意識しなくても、スイング軌道が
インサイドアウトになってきます。

フラットなスイング軌道になるほど、ボールをこすりやすくなってしまい、
横回転がかかりやすくなります。その結果、ボールが曲がりやすくなってしまいます。

クラブを飛球線方向にほっぽり投げるようにスイングしてみて下さい。
縦回転でスイングしていって、インパクトの瞬間に左足を踏ん張って壁を作って下さい。

そうすると、フォロースルーでクラブヘッドが走るようになります。