飛距離が出るスプーンのメリットデメリット


今回は、飛距離が出るスプーンのメリットデメリットについて、紹介したいと思います。

数あるゴルフクラブの中で、スプーンは、最も難易度が高いクラブです。
最近のボールの構造はスピンがかかりにくい構造になっているため、
ヘッドスピードがあまりない方が、スプーンでボールを上げるのは、かなり難しくなります。

基準となるヘッドスピードは秒速45mです。
飛距離が出るスプーンは、重心位置が低くセッティングされていて、
スピン量が上がらないようになっていて、低い弾道の球筋になるため、余計ボールを上げることが難しくなっています。

地面から直接打ってボールを上げることは、至難の技と言えます。そのような理由からジャストミートできれば、
すごい当たりが出ますが、ミスするととんでもないボールになってしまうことがあります。

しかしティアップすれば、難なく打つことができます。ティアップできなくても、
ラフにボールが浮いていたり、左足下がりの状況であれば、同じように打つことができます。

ドライバーがどうも苦手だという方が使うのも効果的です。
ドライバーよりもロフトの角度があって、シャフトが短めで、ヘッドの重みもあるので、
ドライバーよりも簡単に飛距離を出すことができます。