飛距離を伸ばすためのミート法


今回は、飛距離を伸ばすためのミート法について、紹介したいと思います。

多くのゴルファーの方々は、インパクトの瞬間にフェイス面がオープンに
なってしまうため、ボールがスライス回転になってしまい、
飛距離を落としてしまうことが多いようです。

ボールに力強さを与えるために、通常のアドレスをしていただいたら、
手首を右方向に回転させて、フェイス面をオープンにします。

余計スライスになりそうですが、最初からフェイス面をオープンにしている
自覚がある分、インパクトでフェイス面を閉じようとするので、
力強いボールが打てるようになります。

飛距離アップのためには、正しいスイング軌道が不可欠です。
スイング軌道が狂ってしまう原因として、ダウンスイングで腰が引けてしまい、
体重が左足のかかとにかかってしまうことが挙げられます。

つま先に体重を乗せていくために、左足の小指の下にシャフトを敷いて、
ダウンスイングでシャフトを踏み込んでいきます。
そうすると、体重がつま先にかかりやすくなり、腰を回転させることができます。

飛距離アップのためには、インパクトからフォローにかけて、
左の脇が開いたり、ひだりの肘が引けてしまうことはNGです。

クラブを逆さに持って、左手だけで持って、スイングしてみて下さい。
身体の回転や左腕主導のスイング感覚が分かります。