飛距離を伸ばすための練習ドリル


今回は、飛距離を伸ばすための練習ドリルについて、紹介したいと思います。

飛距離を出すためには、身体の回転する力をインパクトでボールにぶつけることができるかと言う点です。
男子プロでも女子プロでも、この点に関しては、共通していると言えます。

飛距離を生み出す要因として挙げられるのが、インパクトでどのように力を入れるか、
身体をどのように捻転させるか、右足を強く蹴れるかです。

この要因をマスターできれば、飛距離を伸ばすことができます。
飛距離を出せる人は、合理的なスイングをしていると言えます。

飛距離を出すためには、ボールにヘッドが当たる瞬間に、身体の力をどれだけボールにぶつけることができるかです。
インパクトの前に、ヘッドスピードが落ちてしまったり、ヘッドスピードそのものが遅いと
ボールは飛びません。

インパクトを効率よく迎えるための、練習ドリルがインパクトストップドリルです。
文字通りインパクトで、クラブを止めます。

クラブを止める基準となる位置は、ヘッドがアドレスの足の内側に入った時です。
初めのうちは、ヘッドが動いてしまうかもしれませんが、身体の力をフル動員して、
ヘッドの動きをストップします。

このドリルによって、身体の力を使う感覚を養います。
練習していると、ゴルフに必要な力を養うことができます。

素振りが慣れてきたら、実際にボールをパンチショット感覚で、打ってみて下さい。
ボールはどこに行っても構わないので、パンチショット感覚で、練習してみて下さい。