飛距離を伸ばすための練習ドリル


今回は、飛距離を伸ばすための練習ドリルについて、紹介したいと思います。

飛距離を出すための手首の使い方を覚えます。
グリップを左サイドの太ももまで下ろしてくる練習です。

飛距離とヘッドスピードは、密接な関係があります。
ヘッドスピードを上げるためのテクニックが、
インパクトからフォロースルーにかけての
手首の使い方です。

トップの位置からグリップエンドをボールにぶつける
感覚で、振り下ろしてきます。
太ももの位置まで来たら、グリップを止めて下さい。

この時、手首のコックをほどかずに、止めて下さい。
シャフトが地面と平行になるように止めて下さい。
これを何回か繰り返して下さい。

この状態を維持しながら、ボールを打ってみて下さい。
クラブが左サイドの太ももの位置までに来た時に、
手首が返ってくれて、ヘッドスピードが上がります。

アドレスの形も非常に重要になってきます。
背中が丸まって猫背になってしまうと、
アドレスの小さくなってしまい、
ミスショットの原因になってしまいます。

お尻を後ろに突き出すような姿勢をとってください。
ひざを軽く曲げていただき、背中を伸ばして下さい。

自分の身体を大きく見せるようにして下さい。
アドレスは、飛距離を伸ばすための基本になるので、
日頃からチェックして下さい。