飛距離を伸ばすための練習ドリル


今回は、飛距離を伸ばすための練習ドリルについて、紹介したいと思います。

飛ばし屋のスイングで共通している部分は、スイングが縦振りであることです。
具体的には肩を縦方向に回転している点です。

バックスイングからトップにかけて、左肩が若干下がってきます。
ダウンスイングからインパクトにかけては、右肩が下がってきます。

地面と水平な横回転ではなく、縦方向に回転するので、ダウンスイングで上体が突っ込むのを防いで、頭を残しておくことができます。
ダウンスイングでは、右ひざを左ひざにぶつけるように移動していきます。

そうすると重心が落ちてきて、前傾角度が深めになってきます。
すると身体の右側に余裕ができるので、縦方向にダウンスイングができるようになります。

縦方向にスイングすることによって、身体の軸が安定して、頭も動かずに済みます。
バックスイングでは、上体を捻転させて、腕を一体化させて、上げていきます。
トップでは、手首を高めにセットします。インパクトからフォロースルーにかけては、腕を伸ばして、肘を身体から離していきます。

そうすることによって、スイング軌道が大きくなり、飛距離アップにつながります。
参考になるプロは、森田理香子プロです。