飛距離アップのための練習法


今回は、飛距離アップのための練習法について、紹介したいと思います。

飛距離を伸ばすためのポイントは、ヘッドスピードを上げることが大切です。
腕力に頼って、スイングするのではなく、理にかなったスイングをする必要があります。

ヘッドスピードを上げるためには、コックを使う必要があります。
コックを意識するためには、グリップエンドにティを指します。

バックスイングで、手首が腰の高さまで来たら、ティがボールを指すように
コックを使います。トップからダウンスイングにかけて、
ティが、へそを指すようにコックを解いていきます。

インパクトからフォロースルーにかけては、ティがボールを指すように
コックを使っていきます。

次に体重移動を覚えていきます。スタンスを肩幅より広めにセットします。
バックスイングからトップにかけて、左足1本で立ちます。
ダウンスイングからフォロースルーにかけて、右足1本で立ちます。

体重を積極的に移動することによって、ヘッドスピードが上がってきます。
次にトップからダウンスイングにかけてのタイミングの取り方を
練習していただきます。

バックスイングからトップにかけて、左足を右足に寄せていき、
トップでは足を揃えます。

ダウンスイングの開始前に、左足を飛球線方向に踏み込み、
膝、腰、肩、腕の順にダウンスイングを開始していきます。

そうすると遠心力の力を利用することができて、ヘッドが加速していきます。