高いボールを打つための方法


今回は、高いボールを打つための方法について、紹介したいと思います。

高いボールを打つための基本は、フォロースルーを高くすることと目線を高めに設定して、
ハンドファーストにならないようにすることとクラブを通常よりも長く握ることです。

長めにグリップすることによって、シャフトのしなりを最大限利用することができます。

しかしこれらの基本を守っても、ボールを上げたい意識が強いとダフリが多くなってしまいます。
ダフリの原因として、親指の位置が考えられます。インパクトからフォロースルーにかけて、
親指が上を向いてしまうと、ダフリが出やすくなってしまいます。親指が下を向くように振り抜くことが重要です。

親指を下げることによって、スイング軌道がダウンブローになって、
正確にボールをヒットすることができるようになります。

フォロースルーでは、クラブを左サイドではなく、飛球線方向に振り抜くことが重要です。

誰にも利き手があります。どちらの手が強すぎても、ミスショットの原因になります。
右手が強すぎる方は、左手だけで素振りをしてみて下さい。

バランスがとれてくると、ダウンスイングで、クラブがアップライトになってきます。

右手が強すぎる方が、両手を離しぎみにグリップするのは禁物です。
手首のコックが早くほどけすぎて、ヘッドが先行してしまい、あおり打ちになりやすいので、注意して下さい。